キッチンにマッチするウォールナットの家具

ウォールナットとは、クルミの木のことです。固くて衝撃に強く、粘りもあることから、フローリング材として非常に適しています。フローリング以外にも、ドアや内装パネル、高級グランドピアノやギターなど、楽器に使われることもあります。使い込むほど磨きがかかり、落ち着いた色合いと重厚感あふれる木目が、高級で洗練された印象を持たれます。洋風の家だけではなく、日本家屋にも合います。丈夫なフローリングに適しているのと同様に、キッチンで使用する家具としても最適です。これもまた、趣のある古い日本の台所にも合いますし、使いやすいシステムキッチンにもマッチします。カントリー調のインテリアを好む方にも人気があります。ウォールナットの食器棚にアンティーク風の食器を置いて、側面には乾燥したハーブを飾るのも素敵です。何よりも丈夫で長く使えるのが魅力です。

ウォールナット素材でおしゃれなキッチンに

最近のキッチンは、ダイニングからよく見えるオープンキッチンが人気ですね。目立つ場所なので、デザインや素材にもこだわりたいものです。おしゃれでシックなウォールナット家具は、インテリアショップでよく見かけます。色合いも落ち着いていて、部屋に合わせやすいので大変人気な素材ですね。キッチンのインテリアに使用してもとても素敵で、テーブルに料理をのせると美味しさも引き立ちそうですね。食器棚やレンジ台等の大きい家具も良いのですが、食器で取り入れるのもとてもおしゃれです。お皿だと、サラダを入れたりパンを置いたり、カフェのような雰囲気が出ます。食器にこだわって食事を取ると更に美味しく感じそうです。木のナチュラルな肌触りも良く、独特の味わいも出てきて使っていくとどんどん愛着も出てきます。長く大事に使いたくなりますね。

キッチンウォールナットの魅力

シンプルモダンな洗練されたスタイルと木目が放つ温かみの両方を味わえるウォールナット素材の魅力をお伝えします。キッチンという日常使う場所に、この素材を取り入れる事で部屋全体、むしろ家全体に温もりが広がります。また使い続けていくうちに、風合いが出てきて愛着もわきます。カフェの様なお洒落な雰囲気を醸し出してくれるので、人を招きたくなるでしょう。そうは言っても、キッチンですから耐久性や耐熱性が気になります。意外にも丈夫な作りで不便は感じさせません。さらに近年は塗装方法で強度や光沢感、お手入れを楽にしてあげる事も出来ますので、自分のニーズにより近いものが見つかる事でしょう。ショールームなどで実際に見るとそのお洒落なデザインに一目惚れする方が後を絶ちません。こだわり派にはぜひ検討して欲しいインテリアの一つです。

当社ではただ家具を販売するだけではなく、コーディネートやアフターフォローまで行っており、これが他社との違いとなっております。 我が社では、お客様のご要望にそって、材質からコーディネートまで、トータルにスタッフがお見積りします。 KAGURAの家具作りは、木が持つ本来の美しさを活かす、ということを基本にしています。 銘木やウォールナットで作るキッチンには定評があります。