家具の通販はコワレモノとして取り扱われて配送

家具の通販で気をつけたいのが配送料と梱包費用です。家具に限らず、特殊梱包が必要な場合は多いのですが、特に家具というのは販売価格や重量形態に関係なく基本的には無傷での取引が主軸ですので、しっかりと梱包されて配送されるように手配されるわけです。基本的な配送料は、配送業者の定めている料金のみで大丈夫ですから、運送料に関しては納得しやすいと思います。さらには商品代金が高額になると、配送料がサービスされて無料になる場合も多いのも特徴と言えます。その一方で、特殊梱包費用というのは、家具を傷つけないように梱包するための費用です。ポイントが二つあります。ひとつは、配送される配送過程での安全確保のためです。もうひとつは梱包作業中にも傷をつけないように慎重に作業する、というものです。配送のための安全が確保されるとは言っても、梱包作業中にテープの糊が家具に付着してしまっては汚れてしまいますし、無理矢理に糊を剥がそうとしてしまうことで新品なのに傷になってしまうという要素があるのです。特殊梱包費用に関する表記は、販売会社や小売店によって異なりますが、基本的には緩衝材の費用として理解しておくと良いでしょう。いわゆるダンボール箱代やガムテープ代あるいはPP紐代というのは、それほど高額にはなりません。

しかし大きな家具にもなると特殊な形状のダンボールが必要となりますので、一般的に想定されるダンボール梱包よりも費用が高くなってしまうのです。ダンボール梱包というのは基本的に無料ではなく、無料といわれるのは販売会社や小売店が自社負担してくれている、というシステムが多いのです。ダンボール梱包費用が高くなりすぎてしまうと、サービスの範囲を超えてしまうため、どうしても料金を請求せざるを得ないということになります。もしも納得しにくいようでしたら、家具のサイズを確認しつつ、そのサイズの引越しを想定するのが良いと思います。引越しの際には、家具がダンボール梱包される事は、基本的には少ないのです。なぜならば、家具運搬用の毛布などで包んでしまえるからです。

しかし商品として家具単品の配送取り扱いの場合には、毛布に包んでおくだけというわけにはいかないため、特殊なダンボール梱包が行われる、というわけです。梱包スタイルは、家具の取り扱い会社によって進化している要素があるのですが、家具の安全を確実なものにするために、どうしても有料になる要素が出てしまう、というのが現状です。そのかわり、安全に自宅まで配送してもらえます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*